このエントリーをはてなブックマークに追加

礼服と喪服の違いは? 紳士が冠婚葬祭で着る礼服の種類とマナー

「礼服」と「喪服」という言葉の違いがわからず、お葬式のときに困ってしまった…なんて経験はありませんか? 今回は着こなしに悩まれる方が多い、男性のフォーマルウェアについてご紹介します。

喪服はお葬式や法事で着る「礼服」

「礼服」は冠婚葬祭で着用する正装のこと。そのなかでお葬式や法事の場で着るものを「喪服」といいます。つまり、礼服という広いくくりの中に喪服が含まれているのです。

礼服には「昼の礼服」と「夜の礼服」があり、昼間に行われる結婚式や披露宴は昼の礼服を、夜に開催されるパーティーや結婚式では夜の礼服で参加するのがマナー。現在は厳密に区別されていないのですが、礼服を選ぶときには考慮してください。

 

礼服の基本

礼服はどのような洋服で、どのようなシーンで着用するのがふさわしいのかを具体的にご説明します。

【格式】礼服は「正装」「礼装」

礼服は儀式などで着るフォーマルウエア。格式はそれぞれ「正礼服」「準礼服」「略礼服」「平服」にわけられていますが、礼服を着用すれば「正装」「礼装」にあたります。また、紋付の羽織袴・黒無地着物(黒喪服)・黒留袖などの和装も格式の高い礼服です。

【着用シーン】冠婚葬祭で着られる

礼服は結婚式や入学式などお祝いの席から、お葬式などお悔やみの席まで着られるフォーマルウェア。冠婚葬祭全般で着用できます。

タイプもブラックフォーマルとカラーフォーマルがあり、ブラックフォーマルは冠婚葬祭の「葬」にあたる弔事に着る喪服と考えるのが一般的。黒色の深さや生地の質が違うためビジネスシーンには向かず、スーツの代用として着用することはできません。ですから、黒のビジネススーツを礼服代わりにするのもマナー違反です。

礼服の種類

男性の礼服には、主に「モーニングコート」「燕尾服」「タキシード」「ブラックスーツ」などの種類があり、それぞれ着用シーンが異なります。

モーニングコート

昼の正礼服で、結婚式でもお葬式でも着用できる慶弔両用の礼服。

燕尾服

男性の夜の正礼服のひとつで、格調の高い夜の式で着用します。

タキシード

夜の準礼服。最近は昼間の着用も可能になり、一般的な結婚式でも着られることが多くなっています。

ブラックスーツ

もっともスタンダードな礼服で、格式は略礼服。昼夜関係なく、結婚式やお葬式をはじめ、さまざまな儀式・フォーマルシーンで着ることができます。

「喪に服す」礼服=「喪服」

礼服の種類のひとつである喪服は、お葬式・法事といった弔事の席での服装。喪服は「喪に服す」という、悲しみに寄り添う気持ちを表しています。

喪服として着るべき服の種類

喪服にも「正喪服」「準喪服」「略喪服」といった格式があります。喪主や遺族として参列する場合、男性であれば正喪服であるモーニングコートや紋付羽織袴、女性は黒紋付など着物を着ることがマナーでした。しかし近年はマナーの捉え方も変わってきており、男性の場合はブラックスーツといった洋装の略喪服を着ることが一般的です。

格式高いのは「漆黒」

生地の黒色は深く濃い「漆黒」であるほど格式高い喪服とされ、高級なものは深い黒になるまで何度も染め直されています。喪服選びでは、光沢がなく、より漆黒に近いものを選びましょう。
ネクタイも黒で光沢がないものを着けるのがマナー。刺繍や柄など装飾があるものやネクタイピンの利用は避け、結びにも気を配りましょう。

 

晴れ着の丸昌池袋店おすすめの礼服

レンタル礼服を扱う晴れ着の丸昌池袋店から、冠婚葬祭におすすめの2着をご紹介。体型の変化で手持ちの礼服が合わなくなった、めったに着ないから買うのはもったいない、そんな方はぜひレンタルをご活用ください。

冬用黒ダブル略礼服

スタンダードなブラックスーツは、結婚式からお葬式まで幅広く活躍してくれるフォーマルウエア。結婚式や祝賀会・パーティーなどには白いネクタイとポケットチーフで華やかに。黒のネクタイを合わせると喪服として着用できます。格式は、正礼服の次に格式高い「昼の凖礼装」にあたります。

さらに、ダブルスーツはお腹まわりなど体型カバーにも一役かってくれ、シングルスーツより風格もアップ。貫禄を与える印象になるので、若い方より中高年~年配の方におすすめの礼服です。

 

>>冬用黒ダブル略礼服の詳細はこちら

冬用モーニングコート(18)

「昼の正礼服」となるモーニングコートは格式高い式典や結婚式に適しており、主に新郎・新婦のお父さまが着用しています。

礼装の場合、サスペンダーや白手袋など小物を用意するのも大変ですが、レンタルであればすべてセットされているのでラクラク準備できます。冬用の生地を使用していますので、レンタルの際は着る季節にご注意ください。また、暑い季節にも着られる「夏用のモーニングコート」もご用意しています。

>>冬用モーニングコート(18)の詳細はこちら

さらに、晴れ着の丸昌池袋店では「女性向けの来店喪服・ブラックフォーマル」も取り扱いしています。詳しくはこちらをご覧ください。

>>女性向け 来店喪服・ブラックフォーマルはこちら

マナーに配慮した礼服を手軽にレンタル!

しきたりの多い冠婚葬祭で着用する礼服はマナーを守ることが大切。主催者側であっても招かれる側であっても、その場にふさわしい装いを心がけましょう。

晴れ着の丸昌池袋店は、慶事・弔事にふさわしいレンタル礼服を豊富にご用意。小物類もマナーに沿って一式セットしているので、安心かつ簡単にご準備いただけます。礼服をお探しの方は、ぜひ一度ご相談ください。

 

礼服のレンタル商品一覧

※掲載した商品は、予約済み等の理由によりご希望に添えない場合がございます。予めご了承ください。商品についての質問等は店舗までお問い合わせください。

※この記事は2017年4月19日に公開したものを、加筆・更新しています。

このエントリーをはてなブックマークに追加
2019年3月29日  by marusho-press

こちらの記事もよく読まれています

着物を選ぶ

着物を選ぶ

  • シーンで選ぶ
  • 種類で選ぶ

シーンから選ぶ

結婚式

結婚式の着物は新郎新婦との関係性によって種類が異なります。
お客様の立場に合わせて着物をお選びください。

結納

結納はお客様の立場に合わせて着物の種類をお選びいただけます。

七五三

七五三の着物は年齢や性別によって種類が異なります。
お子様に合わせて着物をお選びください。

お宮参り

お宮参りの着物は赤ちゃんの性別によって種類が異なります。
お子様の性別に合わせて着物をお選びください。

成人式

一生に一度の成人式には振袖がぴったり。
色や柄などご自身の好みに合う振袖をお選びください。

卒園式・卒業式

卒業袴はお客様の年齢に合わせてお選びいただけます。
色や柄などお好みに合わせてお選びください。

着物の種類から選ぶ

ご利用になる着物の種類がお決まりの場合は、着物の種類をお選びください。丸昌の着物は1000点以上の豊富なラインナップからお選びいただけます。

  • 留袖
  • 色留袖
  • 訪問着
  • 訪問着ヌーボースタイル
  • 振袖
  • 卒業袴
  • 小紋
  • 紳士礼服
  • 男子紋服
  • 十三歳男子紋服
  • 小学生用卒業袴
  • 卒園式用着物
  • 七五三
  • 産着
  • 和装小物
  • 喪服