このエントリーをはてなブックマークに追加

いつ着るの?訪問着を着る機会ってどんなとき?

訪問着ってどんな着物? いつ着るの? という疑問をお持ちの方もいらっしゃるのでは。

訪問着は多くのシーンで着ることができる優れた装いなのです。訪問着のことをもっと知り、着て楽しんで、その美しさを体験してください。

訪問着とは?

訪問着は、振袖や留袖と違い、年齢や結婚の有無に関わらずどなたでも着ることができる社交着。柄のつながらない付け下げとは違い、襟から肩へつながった「絵羽模様(絵柄が一枚につながっているもの)」が特徴です。

着物の格式としては略礼装にあたる服装であり、フォーマルシーンからカジュアルシーンまで、幅広く対応。裾だけ模様が入った留袖より色柄の種類が多いので、柄や帯などのコーディネートを楽しめます。

訪問着におすすめのシーンは?

訪問着は、留袖と小紋の中間に位置するおでかけ着として誕生した着物です。色柄や紋の有無によって、正礼装から略礼装まで幅広い場面で活躍します。

ここからは、訪問着を楽しめるシーンをいくつかご紹介します。

結婚式・披露宴

訪問着を着るシーンとして、はじめに思い浮かぶのが結婚式ではないでしょうか。もちろん、訪問着は結婚式で着用できます。

新郎新婦に近しい親族の方は留袖や振袖を選ばれることが多いのですが、遠い親戚や友人・同僚等の結婚式に出席する場合は訪問着を着る絶好のチャンス。

基本的に紋無しの訪問着で問題ありませんが、既婚者の方やスピーチや余興などで壇上に上がる方であれば紋有りの訪問着を着るとよりフォーマル感が出ます。

地域によって風習が違う場合もあるので、結婚式に着物を着用するときは事前にご親戚等に確認したうえで選ぶと安心です。

お宮参り・七五三

お宮参りや七五三の付き添いとして着物を着るときにの選択肢として、近年選ばれているのが訪問着です。これまでは黒留袖を着られる方が多かったのですが、最近は訪問着も人気。

古典柄や上品な色合いのものを選び、礼装らしいフォーマルな帯や足袋と組み合わせれば、お子さまの節目にふさわしい装いになるでしょう。

入学式・卒業式

訪問着の着用シーンとして結婚式に次いで想定されるのが、入学式や卒業式などの式典です。

お宮参りや七五三と同じく、礼装らしい落ち着いた色柄のものを選ぶと式事にふさわしいコーディネートになります。また半襟の色を白ではなく色襟にすることで、結婚式ほどかしこまらない着こなしができます。

入学式や卒業式は、お子さまが主役。親御さんの装いは、強く主張しない上品な絵柄の着物を選ぶことが大切です。

お茶会(茶事・初釜等)

お茶会では、時期や主旨によって着物のチョイスが変わります。訪問着は茶事のように正式なお茶会や初釜など改まった場で着用しましょう。一つ紋の入った、控えめで古典的なデザインがおすすめです。

観劇・お食事会・園遊会・祝賀会など

改まった場以外でも着られるのが訪問着の魅力。紋のない明るい色柄の訪問着は、親しい方への訪問や同窓会などカジュアルなシーンで活躍し、コンサートやパーティーなどでも場に華を添えられます。

最近人気の紬の訪問着も略礼装として最適。個性的な色柄や着こなしが許されるシーンでは、柄つきの長襦袢や色つきの半襟を選んで多様なコーディネートを楽しみましょう。

おすすめの訪問着をご紹介

訪問着をいつ着るのかということがわかったところで、晴れ着の丸昌池袋店で取り扱っているおすすめのレンタル訪問着をご紹介。レンタルは季節やイベントなど、その時々に合わせて選ぶことができるのが魅力です。

訪問着レンタルHRB214 A1(身長155cm前後、9-11号、ヒップ80-95cm)

格式が高い御所解文様の訪問着。ベージュに亜麻色を加えたニュアンスカラーのベース地に小さく咲き誇る桜と梅をあしらった色柄は、女性らしい優美な雰囲気をもっています。

さまざまな色と相性がよく、帯のコーディネートを幅広く楽しめるのもポイント。小物で色のアクセントを加えると印象が変わり、自分らしさもアピールできます。

落ち着きがありつつ可憐さもあるので、幅広い年代の方に着ていただけます。

>>訪問着レンタルHRB214 A1(身長155cm前後、9-11号、ヒップ80-95cm)の詳細はこちら

訪問着レンタルHRB252 A0(身長150cm前後、7-11号、ヒップ80-95cm)

うすいグリーンのやわからな印象の地色が、大人らしいやさしさを演出。ピンク・紫・青の雲取りに季節の草花や波、器物文様が品よく描かれ、雅やかさとともに奥ゆかしい美しさも漂わせています。

同系色の帯や落ち着いたカラーの小物を合わせると、さらにシックな装いに仕上がります。

お茶会や食事会でも映えますが、入学式や七五三などお子さまが主役のイベントで着用すると主張しすぎず、上品に場の雰囲気を盛り上げられます。

>>訪問着レンタルHRB252 A0(身長150cm前後、7-11号、ヒップ80-95cm)の詳細はこちら

訪問着レンタルHRB247 A1(身長155cm前後、9-13号、ヒップ80cm-95cm)

訪問着レンタルHRB247

濃い紫紺の布地に松竹梅の柄が山なりに描かれている、まさに晴れの日にぴったりの訪問着。腰から足元にかけて入っているラインも美しく、全体としての曲線美をが表現されています。

濃い紫紺色は体を引き締めて見せてくれるので、体形カバーに一役かってくれるのも女性にうれしいポイント。深みのある色の着物は大人の女性に似合い、30~40代の方におすすめです。

>>訪問着レンタルHRB247 A1(身長155cm前後、9-13号、ヒップ80cm-95cm)の詳細はこちら

訪問着レンタルHRB553 A3(身長165cm前後、9-13号、ヒップ85cm-100cm)

紫色を基調とした布地に花篭がちりばめられており、明るい印象を与えてくれる訪問着。正面や袖部分の印象的な花篭に加えてさまざまな色の雲取り文様が描かれ、女性の気品を感じる一着です。

慶事はもちろん、観劇やお茶会などさまざまなシーンで活躍。明るい色調は表情を明るく見せてくれるので、30~40代の方にぴったりです。

>>訪問着レンタルHRB553 A3(身長165cm前後、9-13号、ヒップ85cm-100cm)の詳細はこちら

訪問着レンタルHRB426 A2(身長160cm前後、9-13号、ヒップ85cm-100cm)

鮮やかな水色を基調とした布地に、にかきつばたやもみじ、藤の花が描かれています。青空に向かって咲き誇る花々の様子がはっきりとした色で描かれた、色鮮やかな一着です。

ベースとなっている水色は涼やかな印象を与えるので、夏場のイベントにもおすすめ。艶やかでインパクトのある花柄がお好みの方や、人と違う絵柄を好む方に適しています。

>>訪問着レンタルHRB426 A2(身長160cm前後、9-13号、ヒップ85cm-100cm)の詳細はこちら

レンタル訪問着でおしゃれを楽しみましょう

訪問着を「いつ着るのか」「どんな格式のものを選ぶのか」は招かれた席によって変わります。結婚記念日や職場のレセプションなどで着られるので、シーンに合わせた訪問着をレンタルし、いつもと違うスペシャルな装いを楽しんではいかがでしょうか。

晴れ着の丸昌池袋店は、さまざまな色柄のレンタル訪問着をそろえ、用途に合わせて着物や帯をお選びしています。ぜひ一度ご相談ください。

medeia_訪問着のレンタル商品

※掲載した商品は、予約済み等の理由によりご希望に添えない場合がございます。予めご了承ください。商品についての質問等は店舗までお問い合わせください。

※この記事は2017年4月11日に公開したものを、加筆・更新しています。

このエントリーをはてなブックマークに追加
2019年3月12日  by marusho-press

こちらの記事もよく読まれています

着物を選ぶ

着物を選ぶ

  • シーンで選ぶ
  • 種類で選ぶ

シーンから選ぶ

結婚式

結婚式の着物は新郎新婦との関係性によって種類が異なります。
お客様の立場に合わせて着物をお選びください。

結納

結納はお客様の立場に合わせて着物の種類をお選びいただけます。

七五三

七五三の着物は年齢や性別によって種類が異なります。
お子様に合わせて着物をお選びください。

お宮参り

お宮参りの着物は赤ちゃんの性別によって種類が異なります。
お子様の性別に合わせて着物をお選びください。

成人式

一生に一度の成人式には振袖がぴったり。
色や柄などご自身の好みに合う振袖をお選びください。

卒園式・卒業式

卒業袴はお客様の年齢に合わせてお選びいただけます。
色や柄などお好みに合わせてお選びください。

着物の種類から選ぶ

ご利用になる着物の種類がお決まりの場合は、着物の種類をお選びください。丸昌の着物は1000点以上の豊富なラインナップからお選びいただけます。

  • 留袖
  • 色留袖
  • 訪問着
  • 訪問着ヌーボースタイル
  • 振袖
  • 卒業袴
  • 小紋
  • 紳士礼服
  • 男子紋服
  • 十三歳男子紋服
  • 小学生用卒業袴
  • 卒園式用着物
  • 七五三
  • 産着
  • 和装小物
  • 喪服