豆知識:留袖

  1. 晴れ着の丸昌 池袋店 TOP > 
  2. 留袖 > 
  3. 豆知識:留袖

留袖とは

既婚女性の慶事の第一礼装で、結婚式の新郎・新婦の母親、親族、仲人などが着用します。

留袖の生地は一越ちりめんが中心で、胸に柄はなく、黒地に絵羽裾模様が施されています。

背中と両胸と両袖の後に日向五つ紋がつき、白の比翼仕立てになっているのが特徴です。

帯、帯締め、帯揚げやバッグ、草履といった小物も白か金を合わせるのが一般的です。

格調高い黒留袖は、列席者に敬意を表し、礼を尽くす装いです。

袷(あわせ)

春・秋・冬季(10月~5月)に着用する比較的厚手の生地に、胴裏、袖裏、裾回し等の裏地を付けて仕立てた着物の総称です。留袖や晴着は重量感があって写真映えすることから、ホテルなどエアコン完備の屋内であれば、盛夏であっても袷を着ることが多くなりました。

単衣(ひとえ)

基本的には袷と絽の中間期に当たる6月と9月に着る着物ですが、エアコンの普及とともに着用する人が減りました。表生地の素材そのものは袷と同じですが、裏地をすべて除いて仕立てるのでその分軽く、見た目も涼しげです。帯や帯揚・帯締めその他の小物類も通常は袷と共通のものを合わせます。

絽(ろ)

盛夏の7月と8月に着用する着物ですが、エアコン完備の屋内のみにいる場合は、あまり着られなくなりました。絽とは布の織り方の一種で、縦・横の糸の本数を減らして隙間を作り風通しを良くした布地のこと。裏地を付ずに仕立てることで、軽量かつ涼しく着られるようにした着物です。帯・帯揚・帯締め・長襦袢は絽の着物専用のものを合わせます。 7月・8月の屋外チャペル結婚式や屋外パーティーには絽の留袖がお勧めです。